お知らせ

5/18(日) ホロコースト記念館館長・大塚信講演会

2014年5月9日

新緑の候、いかがお過ごしですか。昨年はカルメル教会を会場として「アンネ・フランク展」が開催され、多くの皆様にご来場いただきました。ご存知のように、過日東京で起こったアンネの日記毀損事件が海外で大きな波紋を呼び、日本のメディアもこれを大きく取り上げましたが、その際、メディア関係者が競ってコメントを求めたのが、ホロコースト記念館館長・大塚信氏です。今回、松山アンネ・フランク展実行委員会の招聘に応え、多忙の中、当地での講演を引き受けてくださいました。氏は1971年にアンネの父、オットー・フランク氏と出会い、オットー氏から吹き込まれた平和への熱い思いを、今日まで大切に育んでこられましたが、それを具体的なビジョンとして結実させたのがホロコースト記念館です。現在来場者は13万人を数え、日本では他に類例の無い、ユニークな展示教育施設として、国際的にも高い評価を受けています。また大塚氏は多年にわたって、アンネの家族との交流が深く、講演会では、そうした経験から、氏ならではのお話も多く伺うことができると期待しているところです。ご関心をお持ちの皆様方にはぜひおいでいただきたく、ご案内申し上げる次第です。